ひとやまいくらのぼくらだから

[SPADA] 筑波15回目特スポ 凹んだ [1’14″38]

とうとうレース前日です。

筑波TTでは、レース前日に「特別スポーツ走行枠」という、20分x2本+スタート練習x3回の枠が設けられます。

もちろん人生初レースの私は参加です。だって全開スタートとかやったことないんだもん!

 

[特スポ走行1枠目]

ダメだ・・・・・フォークが沈んだまま戻ってこない・・・・。15秒が精一杯。かなり無理したら1発だけ14秒38が出たけど、ブレーキングでフロントが縦横に揺れて転びそうだった。これを毎回やるのはダメだろってコーナーリング。

原因はハッキリしている。昨夜にフロントフォークのオイルを交換してしまったのが原因。ここのところタイムアップする度にフォークの戻り側の動きが気になってきていた。そんでこないだ先輩に確認してもらったら、やっぱ抜けてるね~とのアドバイス。でもレース直前なので急にフィーリング変わるような事はやめといたほうがいいとも言われたいた。なのに変えてしまった。

びっくりするぐらい動きが変わってしまって、沈んだフォークが全然戻ってこない。油面も番手も前オーナーのセッティング数値通りにしてある。それでこんだけ変わるってことは、よほどオイルが劣化していたのだろう。

やばい、、、これは慣れるまでに4~6枠(=2~3時間)ほど掛かる感じが・・・。

しまったぁ~~~~やっちまったかぁ~~~~orz

 

[特スポ走行2枠目]

1枠目より悪い15秒フラットで終了。

タイムは1枠目より悪かったが、これはフォークの動きに慣れるために色々感じて、考えて、試すのに消費したから。

[以前よりブレーキポイントを前に持ってきて] → [ブレーキ引き摺りの解除の過程を少し手前に移動] → [リリースポイント&クリップポイントも手前に移動] → [開け開けて立ち上がる] とか。

でも15秒フラがいっぱいいっぱい。ダメだこりゃ~。

 

[スタート練習]

なんかよくわかんないけど、普通に出来た。ベテランさんの他車と比べでも同じくらいだった。目立った差異がなければ気にしないことにする。

 

[明日のために]

色々悩んでみるものの解決策が見付からない。明朝までに1つだけ試す内容を決めておき、予選で試すことにする。予選でダメだったら諦めてこのままで我慢し、うまく行ったらヒャッホー!って感じで。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー