ひとやまいくらのぼくらだから

[トランポ] タイロッドエンドブーツ交換 [ステップワゴンRF1]

自宅から遠くへは離れられない生活が始まって早5年。
今日も駐車場で整備。
離れられないならばバイクやクルマを弄ってるしかない。
諦めたっていうか、慣れた。それはそれで楽しい感じ。

トランポちゃんのタイロッドエンドブーツが切れているので交換してみる。
いや、「してみる」 じゃない、必須だ。切れてると車検に通らない。

 

<工具>

ジャッキ(※普通のフロアジャッキでは高さが足りないので注意)
ウマ(リジッドラック・ジャッキスタンド)
タイロッドエンドセパレーター

36mmソケット
17mmメガネレンチ
19mmメガネレンチ

マイナスドライバ
ニッパー
グリス(たくさん使うので手持ちのウレアじゃなくて安いリチウム使った)
パーツクリーナー
大野ゴム 品番 DC-1125

 

[amazon asin=’B002WREQMW’ type=’mini’] [amazon asin=’B000T0C2TS’ type=’mini’] [amazon asin=’B002WR797G’ type=’mini’]

 

 

 

フロントの真ん中でジャッキアップ
(30mmくらいの厚さになるように板を敷くとギリギリ上がる)
フロント左右にウマを入れ、支持
ホイール外す

 

コッターピンを抜く
(ペンチで真っ直ぐに伸ばすかニッパーで切って抜く)
(組み付けるとき新品に交換。STRAIGHTで安く売ってる)

タイロッドエンドセパレーター(タイロッドエンドプーラーとも言う)をセット
19mmレンチでセパレーターのボルトを締めていくとパキッ!と言って外れる
(圧入が取れたときに勢いで外れちゃわないように完全には外さない)
(ボルトとツライチになるくらいでOK)

ナット取ってタイロッドをナックルから外す
ブーツを外す
(マイナスドライバなりで軽くコジれば外れる)
パークリで掃除
グリスをたっぷり盛る
(ボールジョイントをグリグリしてグリスを内部に馴染ませる)

ブーツを入れる
36mmソケットをスッポリ被せてハンマーで軽ーくトントン叩いて入れる
(一気に全周を入れようとせず、東西南北をコツコツ入れるカンジで)
(焦るとブーツの弱い部分を挟んでしまったり叩き過ぎたりして破くので注意)

元の通りナックルに入れてナットを締める
締付トルクは48Nくらいにしといた

コッターピンを付ける
(長い方をボルトの先端方向に(短い方をナット側)に入れて、両方広げる)
(余計なピン足をニッパーで切る)

溢れたグリス拭きとる

(ついでに潜って下回りの漏れとか確認しとく)
※今回はオイルパンからオイル漏れを発見した。オイルパンを留めるボルトが脱落していた。エキパイに引っ掛かっていたので取り付けて全体を締めなおしておいた。

ホイール付けて終わり

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー