ひとやまいくらのぼくらだから

超ロングスピンナーハンドル [ついでにドライブスプロケの緩めかた]

リア アクスルナット用の超ロングスピンナハンドル

FZ1のリアアクスルの指定トルクは150Nもあり、腰痛持ちの自分には辛いものがある(腰痛持ちにはわかると思うが、この位置で力入れると腰痛めるのよね)。だがしかーし、ご近所的に電動・空動工具の騒音はNG。手工具で何とかするしかない。

今まで40センチほどのスピンナに鉄パイプを被せて頑張っていたが、どうにも嵩張るし、滑って怖い(隙間をガムテで埋めてみてもやっぱ滑る)。で、先日アストロで便利なものを発見。伸縮式の超ロングスピンナハンドルが売ってた。

[amazon asin=’B004J2COYU’ type=’banner’]

伸ばすと600mmにもなる最長クラスで、FZ1のリアアスクルやトランポのホイールナットもラクラク。縮めれば400mmとコンパクト。一般的な3段チェストに余裕で入る。

今回もドライブスプロケットを緩めるために使った。こりゃ便利だ。もう手放せない。

  

 

ついでに、ドライブスプロケの緩め方

知人に相談されたのでついでに。

・潤滑油をスプレーしネジ山に浸透させておく (浸透するまで暫く待つ)
・ロックワッシャーを貫通ドライバやタガネなどで叩き真っ直ぐに伸ばす
・バイクに跨る (サイドスタンドは立てたままでOK。万一のときの転倒防止)
・ギアを1速に入れる  (そんな人いないと思うけどエンジンは掛けないでね)
・前輪を壁に当てる (ミスってもバイクが前進しないので転ばない)
・ リアブレーキを踏みながら左手で工具握って緩める (後ろから持ち上げる様に力入れるとやり易い)

キモは、バイクに跨ってRブレーキを掛けている事。
そうしないと後輪がスリップするだけで緩まない。

こんな感じ。

ガッチガチに締められたものでもこれで緩まなかったことは無い。スピンナがしなって壊れるんじゃないか位のトルクが掛けられるので、これでダメたったとすればいったん別の要因を疑ったほうが良いと思う。シャフト壊しちゃうと大惨事!

ちなみに締めるときの指定トルクはFZ1で85Nと軽めなので締めすぎに注意(たぶんR1,R6も同じ)。
ロックワッシャーは、再使用可能かどうかを自分で判断出来る人以外は都度新品交換。

関連記事

コメント

    • うめ
    • 2012年 5月 18日

    アドバイスありがとうございました 😀
    ちなみにR6のリアアクスルは110nm、ドライブスプロケナットは85nmってsmに書いてありました 😆
    結局店で外してもらって、ナットを新品にしたところ、なんとか自力で交換できるようになりました 😛

  1. > うめさん
    おつかれっすー!あれだけやって外れなかったってことは、ナットがおかしかったのかなあ?さすがプロだね!無事に交換できてよかったです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー