ひとやまいくらのぼくらだから

[Thumbs.db] 縮小画像を検索して消す [MSDOS]

Windowsのエクスプローラで「縮小表示」をやると、画像と同じフォルダに縮小画像のキャッシュファイルが自動的に作成され「Thumbs.db」という名前で保存されてしまう。

これを自動作成しないようにするのは簡単(フォルダオプションで”縮小版をキャッシュしない”にチェックするだけ)だが、既に生成されてしまったキャッシュファイルを削除するのが非常にウザい。

というのも、エクスプローラで検索して削除しようにも私の場合かなりの確率で「ファイルが見つからない」等のエラーMSGが表示されたり、フリーズしたかのように異常に時間が掛かったりするのだ。

ということでDOS窓でラクして一気に削除する方法をmemo。

【1】 DOS窓を開く。

スタートメニューで[アクセサリ]->[コマンドプロンプト]をクリックするか、
ミ田キー+Rキー を同時押下し、cmd と入力してEnter押下。

【2】 削除したいドライブまたはフォルダのトップに移動する。

ディレクトリ移動はCDコマンド
(例) Cドライブのdataフォルダに移動する場合
[bash]
cd c:\data
[/bash]

※ドライブの変更はいきなりパスを打つ。Dドライブに移動する場合は D:

【3】 Thumbs.dbファイルを検索して削除するコマンドを実行。

次のコマンドを実行。
[bash]
del /ah /s Thumbs.db
[/bash]

以上でOK。

なんでこんなことを大晦日に書いてるのかって?

それは自宅に仕事を持ち帰ってしまい、環境設定のされていない自宅PCで上記の不要ファイルを大量に生成してしまったからです 😥

関連記事

コメント

    • なつやま
    • 2009年 1月 01日

    明けましておめでとうございます!
    昨年は本当にお世話になりました。
    迷惑をかけまくりでしたが、これに懲りずこれからも遊んで頂けると嬉しいです。
    今年もよろしくお願いします。

    大晦日から苦労されてますね、、、
    unix 関連だとfindコマンドでイチコロなんですけど、GUI化が進んでいる
    Windowsだと色々調べないといけなくて大変ですよね。
    参考になります。

  1. >>なつやまさん
    あけましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

    そうなんですよねー。Winでもさほど不自由なく使えてはいるんでOKなんですが、未だにDOSで”ls”打ってしまうことがよくあり困ってます(笑)。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー