ひとやまいくらのぼくらだから

不要ファイルを削除するバッチファイル(自分用

[amazon asin=’978-4798104423′ type=’banner’]

2012年04月18日 初版
なんとなく書いた

2020年04月17日 更新
clockmaker.jp 様の記事、『不要な不可視ファイルを削除するアプリ「カス削除くん」。8年ぶりに最新版をリリース』を参考にさせていただき、削除対象のファイルを追加した。
http://clockmaker.jp/blog/2018/07/refuse-deleter-2018/

仕様

for Windows

『当バッチファイルを置いて実行したディレクトリ以下』にある ゴミを検索して削除するように書いたバッチファイル。
(ゴミ=Mac~Win間で使い回すメディア内に勝手に生成され、削除が面倒な不可視属性・システム属性・読取専用属性ファイルやフォルダ)

通常の利用はClockmaker様のツールを使用したほうが絶対良い。当バッチを使用する唯一の利点は、バッチファイルなのでWindowsで建てたファイルサーバ上から直接実行できること。RDPなどで繋いで実行すれば瞬殺。あとタスクスケジューラでも使えると思う。

削除対象

 削除されるディレクトリ

.AppleDouble
_notes
.git 
.idea
.svn
.vscode
$RECYCLE.BIN
System Volume Information

 削除されるファイル

._で始まるファイルミ
.DS_Store
.gitignore
.BridgeSort
.BridgeLabelsAndRatingsミ
desktop.ini 
Thumbs.db

使用法

1. ダウンロードしたZIPファイルを展開する
2. その中のinvisible-hogehoge-clean.batファイルを お掃除したいディレクトリに置く
3. ダブルクリックして起動する
4. 終わったら「完了(略」って出てビープ音が鳴るかも(出ないことがあるけどメンドイので対処しない)
5. invisible-hogehoge-clean.bat が不要なら自分で削除する

※ 削除せず定期的に実行してもいいし、タスクスケジューラー に登録しても(ry

ダウンロード

非公開
Invisible-hogehoge-Clean.zip

免責

あくまでも私が自分だけのために作ったものです。不具合があって大事なデータが消えても一切の責任を負いません。
いちいち一行につき一個書いてますので分かる方は消したり増やしたり合体させたりして下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー