10月 122010
 

走れない間考えてた。

これまでの流れ。

・同じショップのお客さんであるPさんがスパーダでサーキットに通い努力を続ける姿を見て、格好いいと思った。俺も頑張って、障害持っててもあんな風にサーキットを走れるようになりたいと希望が持てた。

・Pさんのレース時にお手伝いに行ったときに見たSPADA/VTZの妖怪さん達の走り(1分9秒とか8秒とか!)を見てビビった。そしてもし出来ることならああいう風にマシンを操れるようになりたい!と思った。

・有り難いことにPさんが「ならば一緒に走りましょう!」と予備のSPADAを譲って下さった。一気に世界が明るくなった。Pさんの真似をしてトランポも同じステップワゴンにした。

・ショップでSPADAが流行。自分を含め4台のSPADAレーサーが。これからみんなでワイワイ楽しもう!みたいな空気でワクワクした。ちょうど自分と同時期にサーキット走行を始めた人がいて、その人は自分よりも全然センスが良く努力もしていてスマートで、どんどん速くなっていった。自分も頑張ってああなりたいと思った。

・さあ、みんなで楽しくサーキット!・・・・のはずが、よくよく考えたら皆は近所だが俺は足立。ショップ行くのに1時間強は掛かる。20時過ぎまで働いているため仕事が終わってから店に行くことも出来ず、休日もいつ取れるか直前まで決まらない職種ゆえ独りぼち子ちゃん化が進む。しかもPさんが転職・転勤・長期出張にてサーキット活動休止に。この頃少しずつ皆さんと縁遠くなっていくようで悲しかった。

・仕事が忙しくサーキット通いと仕事だけで精一杯で他に何もやる余裕がなかった。空いた時間にネットで調べたわずかな知識で整備する程度で人間との接触が無い日々を送る。凹んでばかりもいられないので一人寂しくサーキットに通う。よくわからないままとにかく必死で走ってばかり。わけがわからないまま転倒する等、とても危ない奴だった。

・そんな折、ご近所の有名チームhinjya-man’s Racingさんにお声掛けいただいた。とてもアットホームな雰囲気のチームで、走り方や整備などを教えていただいたり走行会に誘っていただいたしながら自然とサーキットを楽しく走れるようになっていった。とても有り難かった。

・そしてまた転倒。A枠移行につき最後のL枠走行となる日に接触事故。最終で相手のマシンがミドル~ミドル~と遅めに走っているところを、自分はインベタを流して避けている「つもり」だった。クリップもとうに過ぎて立ち上がり両車ホームストレート全開区間スタート。そこで何故かアクセルを閉じ失速し、コッチを見ながらインに寄ってくる相手・・・避けることが出来なかった。フロントが接触し転倒。肩~鎖骨間の靱帯3本を全て切断、周囲の骨を粉砕骨折。一人で来ていたのでやむなくトランポを運転し帰ったが、涙で前が見えず苦労した。痛さではなく悔しさの涙だった。

・甘かった。とにかく甘かった。しかしいくら反省しても切れた靱帯は遅々として生えてこないし、繋がったとしても後遺症は残るとのことで凹む。それプラス、  『誰かを抜こうとすると必ずこちらに向かって失速しながら幅寄せしてくる』 という精神的なダメージが拭えず困惑。これではサーキットどころか公道走行すら危うい。仮にカラダのほうの後遺症がどうにかなったとしても、ココロがこれでは乗れまい。

・ここで後悔と後遺症を残して辞めるか、頑張って続けるか、悩む日々。プロじゃあるまいし辞めたところで困りゃしないしねー、と自分に言い聞かせてみたり。逆に見てもないのにどうしてそこまで言えるの?って説経じみたことを言ってくる(こういうときアドバイス求めた訳でもないのに説教したがる人は不思議と多い)の話をキレずに黙って聞き、その怒りを利用してリハビリ筋トレのモチベーションに繋げてみるものの、怒りが大き過ぎて痛めて失敗に終わったり。

・治療期間中、ちょくちょく心配して電話をくださっていたhinjya-manさんとの会話の流れで、チーム員ゴローさんの筑波TTピットクルーとして参加させてもらうことになった。ゴローさん3位でチョー輝いてた。皆さんが走っておられるのを見て、やはり自分はあの場を走りたいと強く思った。

・そのTTで署名運動の際お世話になっていたアニキさんとお会い出来、アニキさんも自分と同じ怪我から復帰して元気に走っていることを聞いた。勇気出た。他にも大変な障害を抱えてレースを頑張っておられる方もいた。しかもお二人ともトップを争う選手。勇気出るどころか、これもう俺もやるしかねーべ!と思った。

・打ち上げで相談に乗ってもらっていたとき掃除屋さんとアニキさんから言われた一言で目が覚めた。ふつう俺みたいな奴に会っても、小生意気なコゾーだなと適当にあしらうかスルーすると思う。だが俺の「走りたい」という気持ちを汲んで言ってくれたのだろう。言い難いことを言わせてしまって申し訳なかった。今度こそ本当に「コツコツ」走ろうと決めた。

・自分は懲りずにまたサーキットに戻ろうとしている。だが以前のままではいられない。タイムを縮めることよりもまず、ナッツ2回・トミン8回・筑波4回を走って3度も転倒し大怪我まで負っている事実をどうにかしなければいけない。このまま何もしなければ結果が変わることは期待出来ない。何かを変えたければまず自分。


こんな感じ。

改めて思うのは自分は皆さんのおかげでここにいるってこと。そのことへの感謝と、無駄な転倒を避けることを忘れてはいけない。他には諦めないこと・ルール徹底・コース覚えるとかがあって、タイムはその次くらいに大事。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  20 コメント

  1. トミンでお世話になった初心者スパーダです。その節は有り難う御座いました。あれからブログ拝見してました。お怪我されていたんですね・・・。お大事になさって下さい。
    皆さんのおかげという言葉ぐっときました。自分もはじめてのサーキットで怯えていたところを赤羽さんに教えてもらって助かりましたんで。赤羽さんが周囲に助けられるのは人徳もあるのではと思います。自分も成長して近付きたいです。
    リハビリがんばってください。復活お待ちしてます。

  2. > 初心者さん


    ありがとうございます。すみませんスパーダのかたとは何人かお話させていただいたのですが、春頃にスプロケやステップのお話をしたかたで間違いないでしょうか?間違ってたらすみません。


    ほんと皆さんのおかげです。殺伐としたイメージしか持たなかったサーキットで、人の優しさや有り難みを知りました。こういうことって大切だなー、としみじみ思います。私はまだまだ至らない点も多く、受けるだけでなく渡す側にもなりたいです。


    初心者さん元気で走ってるんですね!またご一緒しましょう!楽しみにしています!

  3. こちらではオヒサです。
    先日はオイル漏れ情報ありがとうございました。ビンゴでしたけど(汗)

    しかし、大変な目に遭われていたのですね。
    程度は違えど、ボクも怪我・リハビリの辛さは体験しましたし、
    復帰して走れる喜びはわかります。
    急がなくてもいいと思います・・・難しいですかね・・・(^_^;)

    ボクも今、正直伸び悩みの状態に陥ってます・・・
    何かブレイクスルーしないと!頑張りましょう。

    • >>ひでぢさん

      どもっす!オイル漏れの修理大変っすね・・・。あれをご自分でやられるなんてすごいです!ひでぢさんも怪我リハビリ経験者でしたね。おたがい怪我無くうまいことスキルアップしたいもんですねw ありがとうございます。焦らずゆっくりといきます♪

  4. 悩んでるね~。そんだけ悩めれば、まだまだバイクからは
    離れられないだろなw

    原チャリでも、スーパースポーツでも、オフでもアメリカンでも、
    楽しく乗れればいいんじゃん?バイクなんてさ。

    ていうスタンスで乗ってますよ、ワシは。

    ま、楽しむ為に色々悩んで学んで練習して、それもまた楽し。

    焦らずしっかり養生するんだよー。
    サーキットで勝負の際は、手抜きしませんので、そのつもりでw

  5. >>たけしさん
    あははw 言われてみればたしかにバイク辞められそうにないですねw
    ありがとうございます。なぜか125cc~600ccくらいのロード車・サーキットとか峠にしか興味がわかないので困りものですが、しっかり養生して戻ってきたいと思います。
    たけしさんと勝負なんて恐れ多いですw 今も昔も未来もする気が起きませんww
    お願いですからたけしさんはFT1とかにしといてくださいw

  6. 僕は幸いな事に、大怪我はしてませんが、サーキット走行をする上でいつも考えてしまいます。
    気持ちは行きたい(もっと突っ込めるとか)んだけど、心のブレーキがかかってしまって・・・
    所詮は遊び、全日本目指してプロになろうだとか思ってないんだからとか、でも速くなりたいと矛盾した気持ちで葛藤してます。

    無転倒で速くなりたい、こんな事言ってると笑われそうですが、僕の目標はまだそこだったりします。
    そんなんでレースだとか、筑波0秒台目指すなんて、アホか!?って言われそうですけどね。
    僕は僕のスピードで良い(成長スピード)んだと、自分を慰めています(笑

    赤羽さん、怪我のリハビリ、ホンと大変だと思うけど、また筑波で走れるようになる日を楽しみにしてますよ!
    僕もまだまだ走るつもりです。

  7. >>ta2さん
    ありがとうございます。矛盾…そうなんです、いつだって矛盾するんですよね。仕事もバイクも人間関係も恋愛も。全部が丸く収まる答えなんて出た試しがないっていうか。
    だからって問題を切断して達観という名の思考停止をしてしまうのは危険な気がして、答えなんて出なくても葛藤を続けることこそが大事かも、と今一度踏ん張ってみてます。
    つっても、たいていこうやって悩んだ末、思いっきりあさっての方角にすっ飛んで失敗ばかりしてますけど(笑)
    今回はそうならないよう気を付けて今度こそマジ半端なく超スーパーウルトラ本気で技術的にも内面的にもじっくり取り組んでいきたいと思ってます。
    お互い紆余曲折しつつもいつか目標地点に辿り着いて肩を叩き合いましょう!ほんとに叩くと靭帯切れちゃうからカンベンしてね!w今後ともよろしくお願いいたしまっす!

  8. なんか知ったかぶりなアドバイスをしてしまったのではないかと思いましたが・・(笑)
    んでも、やっぱり趣味なんで、痛い思いや辛い思いは少ない方がいいもんね!
    「怖い」って気持ちが無い人は居ないと思いますよ!
    「怖い」をねじ伏せるんじゃなくて、受け入れて、少しずつ焦らず限界を上げる・・
    コレ以外に無いんじゃないでしょうか?
    俺は周囲になんて言われようと、どんなに格好わるくても、安全装備は金かけるし、
    「引く勇気」を忘れないように心がけて少しずつ頑張ってますよ!

  9. >>掃除屋さん
    先日はありがとうございました!自分も掃除屋さんを見習って「引く勇気」「少しずつでいいから成長」の両立を目指します。バイクもバランスだけどココロのバランスも大事っすね。いつも掃除屋さんがお手本を示してくださるので本当に助かります。今後ともよろしくおねがいしまっす!

  10. 復活おめでとー!!
    hinjyaman’s-Rのサーキットでの楽しみ方は基本まっ~たりです。
    そして「転倒せずに速くなる」がモットーです、100%趣味の世界なの
    で、いかに痛い思いや辛い思いをせず自分自身が楽しいかが重要だと
    思うよ。
    これからも遊びのプロを目指して一緒にまったり楽しんで行きやしょ~!

  11. >> hinjya-manさん
    ありがとうございます!
    ご心配お掛けしてすみません!痛い思いをして思い知りました。今回生きて教訓とできたことを幸いとし、もう無茶はしないと猛省しておりますm(_ _)m
    復帰後はhinjyaman’s-Rルールに則り正々堂々と競り合いを楽しみ、SDカードを忘れず、まったりと遊びのプロを目指すことを誓いまっす♪♪♪ 今後ともよろしくおねがいしまっす!

  12. ども。
    先日は大変お世話になりまして。
    頂いたアドバイスを無駄にしないよう、私もまったり楽しみながら遊びたいと思います。
    ご近所ですし、今後とも宜しく。

    ちなみに、SDカードはむしろ忘れたほうがいいと思う・・・。

  13. そんな事になってるとは、露知らず・・・・。
    私は大きな病気はしましたが、幸運にも五体満足でいられてるので、
    無責任なアドバイスも慰むも出来ません。
    ただただ、今後赤羽さんの行く末が明るくなる事を祈ります。

  14. >>親鹿さん
    どもっす!こちらこそありがとうございました。
    一緒に楽しくコースとマシンの使い方覚えていきたいっすね!
    親鹿さんの成長ペースだと俺すぐに抜かれそうだけど(泣)
    SDカードは忘れませんよ~w

  15. >>ride_on_fazer さん
    どもっす!ありがとうございます。治るかどうかわからない状況なのと、文字打つのが厳しかったのでひっそり潜っておりました(笑)
    rideさんも色々と大変っすね。検査の結果OKで良かったです。私も幸い命があったので反省しリハビリ頑張ってまた走ろうと思ってます。お互い楽しくスポーツしたいっすね♪

  16. おひさしぶりです。
    怪我の事は店で聞いていたんですが、会う機会もなかったんで、どうしているだろうと思っていましたが、とりあえず生存確認出来たのでホッとしてますw

    俺も仕事が忙しかったり時間が取れなかったりで、いつのまにかレース辞めてしまうわ
    ツーリングも行けないわって感じで通勤の時ぐらいしか乗ってないわスクーターだわって感じですけど、それでも、ちょっとしたカーブうまく曲がれたりだとかすると未だに楽しいんで乗り続けてます。

    俺は50のレースやってて交通事故で太もも折って入院中どうするかなぁと思っていて元気になったらシングルレースでもするかと復帰しましたが痛いなぁとか思っていても乗っていると楽しいんで走った後、足が動かなかったりしてましたが、それ以上に楽しかったですね。

    引く勇気と言うより余裕が無いと何事にも危険が増大しますからね。

    ここは負けといてやろうと思う気持ちが自分の身を守る事になりますからね。

    命あってのものですが、働いてる身ですし、怪我無く安全にと言いたいですが乗ると、そうも言ってられないですもんねw

    今は色々考えるでしょうが、また乗れるようになれば、ただ走るってだけが、すごく楽しいと思えるようになると思いますよ。

    とりあえずは養生して無理しないように!

    ってキーボード打つのも大変なのに長文すいません(;´∀`)

  17. >>TMAX乗りさん
    どもっす!もうキーボードは問題無く叩けるようになりました♪だいじょぶっす!
    TMAX乗りさんもいろいろあったんですね!ほんと、ただ家の周りを一周する程度でこんなに嬉しいとは思いませんでした。
    そうっすよね、乗れないカラダになっちゃ元も子もないですし無理せず徐々に復帰したいと思います。
    またツーリングでご一緒できる日を楽しみにしてま~す♪よろしくです!

  18. ヤマハの洞窟からこんにちは・・・ぼく、アニキでつ。

    オレのと一緒で懐かしいレントゲン写真を見て書き込まずにいられませんでした!(爆

    オレが遣っちまった時は単独ハイサイドで遥か遠くに頭と肩から落ちた時の怪我なのよ。

    っでね、オレも鉄串とチン管を刺されてる間にイロイロ考えたのよ・・・その頃はRZ350でテイストに出たり、間瀬サーキットに走りに行ったりしててね仲間内ぢゃ「チョッとオレって速いんぢゃね」なんて調子こいてた時期なのよ・・・でもね「速い」ぢゃ無かったんだよね・・・ただの「無茶しい」だったのよ。

    っで、いろいろ考えた挙句「こんな乗り手ぢゃバイクに失礼だ!」っという結果になってね、しばらく筑波を遠ざけてダートトラックやったりスクーターレースやったりと3~4年間修行したわけよ。

    まぁ、ダートラもスクーターもコケてコケてコケまくったwww

    でもね、ダートラは「タイヤの滑り出し」「アクセルの開け閉め」を叩き込まれたしスクーターは「接近戦の対処方法」「サスセット」などなど、やったことに何一つ無駄はなかったよ。

    おかげで、VTはじめてから筑波で3年以上経つけど1度もコケてないさ!

    筑波を走ってる奴を後ろから見ていると、ブツかったり、コケたりしてる奴は「速い」ぢゃなく「無茶しい」なのよ

    「無茶しい」と「無茶しい」が一緒に走ってれば、接触するに決まってるぢゃんさ!

    だから、自分が冷静で周りを分析しながら走れれば「無茶しい」と遭遇した時に事故にならずに済む訳さ!

    速い遅いは二の次でいいと思うよホントに、そんなモンは自分が頑張って成長すれば後から付いてくる「オマケ」みたいなもんさ!

    「いかに無茶せず楽しんで上手くなるか!」だと思いますけどいかがでしょうか・・・

    訳のわからない長文になってしまいましたが、長文でのお返事まってます!(ドS 爆!!!

  19. >>アニキさん
    お世話になっております!ありがとうございます。
    アニキさんほどの人でもそんなに長く修行期間を設けたんですか・・・。ほんとなんつうか自分マジで無茶過ぎでした。自分の場合、無茶したわりに遅いというのが悔しいですけど(笑)
    正直じつは今回こうやって考えるまでは、NT2/FT2クラスの速い方々がそこまでマージン取った上での10秒切りだとは思っておらず、自分も近いうちにあそこに行ってやる・・・とか思い上がってた感がありました。
    負傷後にピットクルー等で見学したときに気付いたんですよね・・・。トップグループの皆さんが遅い車両を抜くときの気の使い方やマージンの取り方等・・・。ああ、自分とは全く違う次元でやってるんだなー、俺バカだったんだなーということがようやく理解でしました。
    そのあと打ち上げでメシをご一緒させてもらって皆さんからお話を聞いて、そこできっぱり諦めがついたっていうかなんていうか・・・。
    「一朝一夕には追いつける次元ではないので、地道にそして怪我をして走れなくなったりしないように気をつけながら、時間を掛けて修行積むべき」であって、「自分の場合は皆よりセンスやお金・時間が足りず障害があるぶん余計にそうすべき」なんだと思った次第です。
    あともうひとつ気付いたことがありました。「自分は整備とサーキットの両方を、そこそこでもいいから出来るようになりたいんだ」ということです。なんていうかその、表彰台に立てるけどVツインエンジンばらせない人よりは、表彰台に乗れなくてもエンジンばらせる人のほうになりたいっていうか・・・。そっち方向の憧れが結構混じっていて、強いようです。
    怪我して乗らなかった期間のおかげで考える時間ができ、なんとなくですが自分が本当に「楽しい」と思える方向性もようやく掴めてきました。出来たら整備の腕も表彰台も両方欲しいですけど(笑)
    そんな感じで、アニキさんのおっしゃるとおり、「無理せず」と「楽しんで」を両方実現できるようにコツコツと頑張っていきたいと思います。
    アドバイス本当にありがとうございます。マジで打ち込める趣味と素晴らしい先輩方に出会えて本当に嬉しいです。今後ともビシバシと(S的でなく愛の鞭的な)ご指導のほど宜しくお願い致します。

    こんなかんじの長文でいかがでしょうか?w

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


*

:smile: :grin: :razz: :cool: :mrgreen: :wink: :lol: :roll: :oops: :???: :neutral: :sad: :cry: :cry2: :shock2: :shock: :mad: :twisted: :evil: :eek: :idea: :arrow: :!: :?: :stfu: :que: :info: :love: :ghost: :ghosteek: :coffee: :beer: more »