8月 142012
 

 

トミン走行記事にも少し書きましたが、LiFePO4バッテリーをいくつか作って遊んでいます。

ほんとは出来上がってから報告したかったんですけど、SPADAを壊してしまったのと、暫くの間は忙しくて修理やテストの時間が確保できそうにないのでいったん経過報告しておきます。

 

暫定スペック

現在まだ試験中で正確な数値ではありませんが、A・B・Cの3種類をテスト中。

Aバッテリー: 重量300g強 / 4セル / 容量2100mAh (SHORAIで言うLFX07相当?) / 幅139mm x 厚35mm x 高56mm
Bバッテリー: 重量600g弱 / 8セル / 容量4200mAh (SHORAIで言うLFX12相当?) / 幅139mm x 厚49mm x 高47mm
Cバッテリー: 重量 1kg強 / 8セル / 容量8400mAh (SHORAIで言うLFX24相当?) / 幅150mm x 厚75mm x 高54mm

というふうな感じです。

特定の角柱セルを使用することはほぼ確定していて性能的な変更は多分ありません。
束ね方も変えようがなく、寸法や重量的にも大幅に変わることはないと思います。

ただ後述する通り、ケース材料と形状で試行錯誤しており数ミリ・数十グラム程度は変更があります。

 

セルの保護(衝撃・熱等)

試しにラジコンみたく「生セルにシュリンクチューブで纏めただけ」で車載してみたのですが、ヤバイですね。あちこち凹んでしまいました。手が滑って落としたら穴が開いてお亡くなりになられました。やはりバイク用にケースを用意しなければ厳しいです。

現在、ケースをなるだけ軽くて丈夫にするために試行錯誤中。ひとつ良い考えが浮かんだので、材料の準備が整い次第やってみたいと思っています。

 

実走行テスト

トミンモーターランドと公道でテストしている途中です。


・スパーダ

(前回までの話: うちのスパーダは灯火類を全部外してレーサー化してしまっているので、チャージ最大14.8Vほど出ていて過充電と判明。少しくらいなら大丈夫かな?と期待して走ってみると、ものの見事にバッテリーが膨れて死んでしまいました。

(ちなみに一般的な公道用の車体で、省電力化などをせずライト常時点灯であれば消費とトントンでちょうどいい電圧まで下がるのでは?と予想してます。しかしそのために灯火類一式を買うわけにもいかず。公道で使えるか確認のしようがありません。)

じゃあ充電しなきゃいいじゃない、ということでジェネレータ(発電)からレギュレータ(整流)に繋がっているカプラーを抜いて試してきました。レギュレータから出てすぐの黄色3本線の3ピンカプラーです。加工等は不要でただ抜くだけですから、すぐに元に戻せます。

このカプラーを抜くと当然ながらバッテリーが充電されなくなり、電池だけで走ることになります。では電池だけでどれくらい走れるのか

Bバッテリー: SPADAに搭載 ・ ジェネレータカプラー抜いた状態 / トミン15分x2回(この間充電なし),15分x2回(この間充電なし)

Bバッテリーではトミンモーターランドを30分間走れました。サーキットの走行枠はおよそ20~30分程度ですので、レーサーとしては問題ないようです。

複数枠を走る時は予備バッテリーに交換するか、走行の合間に充電するかで対応します。

今回は合間に充電作戦を取りました。実は例のLiFePO4充電器、12V鉛バッテリを親電源にして使えます。走行の合間にバイクの横に持っていってポチっと充電。コンセントなくても使えるって便利です。(ただし夏場の直射日光可など高温の場所では危険ですので使用しないで下さい)

※バッテリー充電・交換は工具不要で出来るようにクイックコネクタ化(60A対応)しています。このコネクタは充電器側のコネクタと同じものを使っています。手でポチッと抜くだけ。

  

 

Aバッテリー: SPADAに搭載 ・ ジェネレータカプラー抜き / トミン10分x1回

このAバッテリーは軽量化最優先で組んだものです。30分間走行することが可能かどうかはまだ不明です。一応、転ぶまでの5分ほどは走れてました。

 

・FZ1 FAZER

Cバッテリー:  FZ1 FAZERに搭載 ・ ポン付け状態 / 公道でテスト中

 

FZ1 FAZERは現行のFI車だけあってさすがに電圧が安定しており、ポン付けで何も問題は出ていません。

ただし、「35Wクラスの低消費電力なHID」「ライトスイッチを付けて消灯」「テール・ウィンカー等まとめてLED化」などで大幅な省電力化がなされていると、過充電になります。

まあ省電力化しなければ良いだけです。ライトの明るさケチってもいいことなんかひとつもありません。がんがん明るくしちゃえばいいんです。私はウィンカーはLEDですが、ヘッドライトは80Wハロゲン2灯の常時点灯です。

あと、このCバッテリーは容量8400mAhのはずななのに実容量を計測してみると9000mAhを超えてました。多いぶんには構わないので良いのですけど。SHORAIで言うとx3倍で27Ahってことになるのかな?(笑) 控えめにx2で考えても18Ahクラスですんでかなりお得でした。1000gちょっとの重量でこれだけの高容量は頼もしいですね。FZ1は暫くコレ積んでおこうと思ってます。

 

 

ついでにFZ1のクイックコネクタ化をやってみました。

写真のように車体側に端子台(2列の物。写真ではカバー装着を忘れてます)を使っています。従来の配線を全て端子台に入れてクイックコネクタを取り付けるだけ。あとはバッテリーを載せてポチッと繋ぐだけです。超便利♪

(オリジナルバッテリーの写真がありませんが、オリジナルバッテリーはボルト留めの端子部分を持たずバッテリーから直でケーブルが出ていますので、そのケーブルに写真の赤いコネクタを付けました)

 

バリスティックは写真の通りクイックコネクタ~圧着端子でハーネスを作って取り付けるだけです。

充電器のコネクタはXT60なので、充電用に変換を作成してあげてオシマイ。

 

ちなみにコネクタまわりに付いてる汚い透明な物体はホットメルトです。絶縁体ですし、固まると結構な接着力&固さなので、コネクタの抜き差し時にハンダ付け部が痛まないようにコレで保護してみました。見た目は悪いけど無視無視。

 

 

【20120/11/9追記】  超多忙&超腰痛&SPADAチョイ不動のため暫くお休みします。

 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  3 コメント

  1. はじめまして。
    88号と申します。

    SYORAIバッテリーを検索して、ここにたどり着きました。

    ところで、以前販売していたバランス充電器ですが、再販の予定はあるのでしょうか?

    お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

    • >88号さん

      はじめまして。ご来訪有難うございます。
      大変申し訳ないのですが充電器は現在制作をストップしており再販の目処もついていない状態です。

      なおDIYにチャレンジなさる際の情報は下記ページに記載しています。
      http://uzee.net/motorcycle/battery/2012/06/28/cheap-lifepo4-balance-charger.htm

      お力になれずすみません。よろしくお願いいたします。

      • 88号です。

        # 返信が遅れました。

        充電器の件、承知しました。
        DIYにチャレンジしようと思ってます。

        今後も参考にさせて下さい。

        有難うございました。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">