10月 012010
 

えー、お返事を打つのも辛いので書いていませんでしたが、6月に筑波で変なのに絡んじゃって転倒しました。左肩~鎖骨間の靱帯が全て切れ、一部粉砕骨折です。ずっとバイクに乗れない状態が続いていました。

それからずっと鎖骨~肩胛骨にドリルで穴開けて鋼線(スポークのもっと硬いかんじのやつ)入れて固定してたもんで、肩の可動範囲が狭くなっちゃって笑えます。

周囲には『鎖骨骨折じゃなくて良かったね~。あれは痛いもんね~』とか言われてて、自分でもそう思ってましたが、その反対で骨折のほうがよっぽどマシだったという罠orz。この部分の靱帯は一度切れると弱くなり再発する確率が非常に高いそうですorz。それと、元通りの可動域には戻らないだろう(それ以上無理に動かしても靱帯が切れるだけ)って点もやっかいです。

まさか靱帯が全部切れるとはねー・・・。従来から抱えていた右腕の不具合(痺れと痛みで通常の半分ほどしか意思通りに動かない状態です)に続いて左腕まで不自由になるとは。ハンドルを握ることすら困難だったわけで、再びバイクを降りるべきか?と真剣に検討してました。

でもまあ、腕が取れちゃったわけでもなし。一応両腕付いてますからね。動くことは動くし。ここで諦めるのは簡単だけども、とりあえず出来るところまでチャレンジしてみようかという結論を出しました。一度もレースに出ずにスパーダで筑波14秒台・トミン28秒台のまま終わるのってヤダし。トミン27秒台・筑波1分12秒台付近の景色を見たい、という思いはなかなか消えてくれません(消えてくれればいいのに・・・)。

そこで、これから先の活動としてはまずリハビリでございます。『再度ハングオフで膝擦りが出来るようになる程度』を目標にリハビリを頑張ります。それがクリア出来たらスパーダでトミン30秒台・筑波15秒台を目標に。

停車状態のバイクに跨って確認したところ、現状は右にハングオフ出来ませんでした。リーンウィズしか無理。左肘が上がらない、脇が開かない。たぶん無理に動かしても靱帯が切れると感じた。腕立て伏せの姿勢も取れないので恐らくブレーキも難しいだろう。ていうかまだ運転しちゃいけないな。

あ、でもTシャツが何とか一人で着れるようになりました! 実は今までシャツの袖に腕を通すことすら出来ませんでした(笑)。たったそれだけで4ヶ月。長かったー。そんな感じなので、うまくいったとしても本格的な走行は来年春あたりがいいとこかと思われます。

ま、しょせん才能もないド素人のママゴトですから気長にコツコツ頑張ります。山あり谷ありで楽しいやね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...