9月 022011
 

「下手なら練習すればいい。ただしダラダラやっても無駄」を肝に銘じ、またまたやってきました筑波2000。

我ながらどんだけトロいんだよ!って感じですが、そんなん生まれ持った才能やら環境をいくら嘆いても上手くはならんのよね。逆に考えて、練習して埋められるところがあるのならラッキーだと思わなきゃ!と感謝することにした。

だから台風のさなかやってきたわけですが、頑張るぞ~!と思った途端にドッシャーーーーーと雨がorz オイオイ、さっきまでドライだったのに~

 

J1枠: ウェットにてキャンセル。

J2枠: 乾いたので走り始めた7周目、裏直を全開中にドッシャー!っと降ってきて止みそうもなくピットに戻る。そのまま降り止まず終了。

L2枠: インターバルで晴れてドライになってたので出走。5周目に謎の腹痛(かなり激痛でしばらく立てなかった)と同時にエンジン失火して停止。

いずれもタイヤ暖めに1~2周(16秒台) → 15秒後半 → 15秒半ば → 15秒前半 と詰めていって、これから14秒台の練習という時の中断。 しかもL2枠はST600の小林龍太選手が1ヘアスタンドで観てくれることになっていたのに・・・貴重なチャンスを逃した。小林選手、貴重なお時間を頂いたのにすみませんでしたm(_ _)m

何をしにきたのかまったく無駄な一日だった気が。でも不調で最高速が5キロ落ちているのにさほど無理せず15秒3が出ていたので少しは上手くなったのかもしれない。気のせい?

エンジン失火の原因はわからず。寝不足と台風の低気圧でオェオェしながら各部確認。 ガス欠に似た症状なのでCDI、レギュ、イグニッションコイル、プラグ、キャブ、ガソリンコック、負圧ホース、そのへんを確認したが生きてた。

おいおい、レースまであと1週間だぞ・・・笑うしかない。相変わらず仕事がテンパってて時間がないけども頑張って直すしかない。ファイト。

※ もし直せなければ棄権になってしまう。でも思ったより焦っていない。それはそれで仕方ないかなってかんじ。 どっかの首相のように「全力で!全力で!」とか調子の良いことばかり言って結果なんも出来ひんのとはやり方が違うから。もちろん俺もベストを尽くすが、出来る/出来ないは事前に計算するし、中止の決断は早めに下します。出走できないのであれば、チームのライダーのサポートに回ります。

そりゃーこれまでずっと、「テメー普通レース出てる場合じゃないだろ!」的な状況のなか、時間作って練習してベスト尽くしてるつもりだったから、すげー悔しいだろう。でもだからって整備・確認ミスが許されることはないのは承知。自分のせいだから納得もいく。

さて、時間のやり繰りで数分でも整備出来るように工夫して、粛々と事を進めます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">