3月 012011
 

ここ半年ほど記事中にちょくちょく「ショーリンズちょいMOD」「リアサスちょいMOD」とか書いていましたが、サス全長を短くしSPGを変更していることを指していました。

それ以前に色々やってみて、最終的に辿り着いたのが 『リンク・ロッドはSPADA純正のまま、全長を縮めたMC18サスを入れる」です。経緯と全長を短くするやり方を書いておきます。

 

純正サス + 純正プレート逆付

ノーマルサスだとエキパイ擦ってしまって寝かせられない。トミンではちょっと擦るくらいで大丈夫だけど筑波2000ではプリロード6にしないとエキパイがガリガリ君。でもプリ6は固くて乗りにくいという罠。そこでノーマルのプレート逆付けをやってみましたが乗りにくかったです。

スプリングレートを少し上げたいとも考えましたが、純正サスのスプリングはテーパー形状になっていて片方がサスボディに当たってしまい、互換スプリングを見つけることが出来ませんでした。

 

MC18サス + SPADA純正ロッド + SPADA純正プレート

皆さんご存じの通りSPADAにMC18サスをポン付けすると、1G状態でロッドとサス下端が当たってしまいます。サスを付けてリンクを入れるときに結構テンション掛けないと組めません。

これではサスの伸び側の動きが制限されて危ない・・・いや実際に何か問題が起きたのかっていうと起きてないし誰からも聞いたことはないんですけどね(笑) ※1

それとケツ上がり過ぎてあまり好きではなかったので止めました。サーキットならOK。公道だったらヤナコッタ!って感じのケツ上げ具合です。

※1 SPADAはノーマルのままだとバンク角が足りず、そのためにこの方法でケツ上げをしている方は多いです。これでツクバで9秒台で走るかたが身近にいますので、この方法がアリだということはわかっています。けして批判しているわけではありません)

 

MC18サス + MC18かMC21のロッド + MC18プレート

MC18やMC21のプレートやロッドを使って色んな向きで組んでみましたが、リンク比等が変わってしまいノーマルよりマシなセットを見付けられませんでした。

 

MC18サスを縮めることにした

ある日パーツの整理中にサスを眺めていて思いつきました。

「そーよ。パンが無ければケーキを食べればいいじゃない。」
「長いなら縮めればいいじゃない。」

ノーマルよりちょっと長い程度に出来れば良い感じになりそうな気が。

結果から言うと5mmくらい縮めれば干渉なしで組めます。バネレートが少し柔らか過ぎる感じはしますが、バイアスタイヤで現在の俺の腕前(バイアスで筑波16秒,トミン30秒…orz)では問題は出ません。もしスパコル履くならスプリング変えるかリンク比レバー比いじって調整した方がいいかもって思った程度。

ていうかオレの腕前じゃ全然検証になっていないと思うので、もし速い方々でこれをやってみる方がいたら是非この件にコメント下さいm(_ _)m間違っている点とか指摘してくださると嬉しいです。

 

MC18サスの全長調整方法

画像ではサスが違ってますが構造は全く同じです。

・まずサスを圧縮します

 

ちなみに↑のスプリングコンプレッサは2本サス用で、強度も足りないし幅が足りずスプリングに当たり酷い傷が入りますのでお勧めしません。

また、4輪用の物が安いですが、ツメが大きすぎてダンパーボディに干渉し使えません。サンダーで先っぽを削ってあげれば使えるかな?

さっさと作業を進めるには下記のバイク用を使った方がいいと思います。

(STRAIGHT/ストレート) コイルスプリングコンプレッサー バイク用 19-1295 (STRAIGHT/ストレート) コイルスプリングコンプレッサー バイク用 19-1295
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:3600円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

 

・スプリングを縮めていくとエンドアイの下にナットが見えてきます

 

22mmのスパナと大モンキーで緩めます。硬くて緩みませんでしたがラスペネ吹いてショックを与えて暫く待てば緩みました。

 

・エンドアイ外れました

 

うわーーーきったねーーーーーーーー

 

・ここから画像がありません

 

もう皆さんお気付きかと思いますが、画像でスパナが掛かっているところのナットを回して下に移動すればサス全長は縮まります。

このナットを回すとロッドも回っちゃうのでロッドを保持しなければいけませんが、くれぐれもネジ山部分をパイプレンチで掴む等の暴挙はおやめくださいご主人様ァー。ねじ山潰れるとエンドアイが入らなくなりますw 自分は↑に薄いナット2つ入れてダブルナットにして固定しました。

 

たしか限界で278mmくらいまで縮められたような記憶

 

5mmくらい縮めるとSPADA純正ロッド+SPADA純正プレートに干渉しません。車高も適度なケツ上げに落ち着きます。

※ ナイトロンの車高調整が275mmからプラス5mm~マイナス2mmだったような記憶があります。ということはサス長273~280mm。今回のMC18サス285mmのマイナス5~7mm = サス長278~280mmってのは適正な範囲であろうと思っています。

 

 

番外編 「ノーマルサスを長くしてケツ上げすれば良くね?」

普通に考えて、 MC18サスが縮められるのなら純正サス伸ばしちゃったほうがもっといいのでは、と思いますよね。僕も思いました。やってみたところネジ山が足らず、掛かりが浅くなってしまいました。外れて事故ったりしたら怖いので取りやめに。ひょっとすると問題ないのかもしれませんが、ビビリの俺は怖くて使えません。

 


 

以上、結局クソみたいなタイムしか出せない俺が言ってることですんでアテにならないと思いますが、セッティング的な善悪は別として  『MC18サスは縮めれば干渉しないように組むことは出来ます』 というお話でした。 ※体感では適度なケツ上げで乗り心地も良く、峠で膝擦り程度はノーマルより楽しめてます 😀

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  2 コメント

  1. いやはや・・・元々僕の整備スキルなんて無いに等しいけど、僕には出来ないな。
    感心しました。
    極力何もしたくないから、2ストやめて、4ストに乗り換えたくらいですから(笑
    文章といい、こんなに丁寧に公開されている姿勢に、頭が下がります。

    • >>ta2さん
      いやいや、お恥ずかしい限りです。
      実はだいぶ前にやっていたんですが、自信がなかったり自分だけの秘密にしたかったりで。
      今まで公開を伸ばし伸ばしにしてました。
      色々あって反省して昨日公開した次第です。
      ネットで色んな情報を得ておいて、自分だけ内緒とかケチくさいですよね〜。
      しかも大したことでもないのに勿体ぶってしまい情けないやら…。
      ta2さんが写真を撮ってくれているように、僕も何かしら皆さんの役に立てることがあればやっていきたいと思います。
      今後ともよろしくお願いします!

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">