5月 062011
 

プラグ清掃

バイクのプラグ交換を行ったことがある人なら特に難しいこともない。ラジエータをずらすだけで交換出来る造りになっている。一番右の気筒だけは手が大きい人は辛いかもって程度。その他の気筒は普通に作業出来る。

<手順>

・シュラウドを外す
・エンジン右前エキパイ近くのホースクランプに嵌ってるホースを外す
・ラジエータ中央下のボルトを外す
・ラジエータ左上のボルトを外す
・ラジエータ右上の(↑の反対側部分)ホゾ穴で嵌っている部分をグイッと外す
・ラジエータを前下方向に落とし込むようにズリズリとずらしつつ落とし込む

これで手が入るようになるので、あとは

・イグニッションコイル(プラグに被さっているやつ)の接続コネクタの爪を押しながら外す
・イグニッションコイルをプラグから抜く
・プラグを外す(締め付け規定トルク13N)

外したプラグを確認すると外側の気筒2つが濃い模様。フルノーマル時は街乗りしてても真っ白けだったのだが、2次エアカット・O2センサキャンセル・低中速をパワコマで増量 など色々やってからは街乗りばかりしているとこんな感じになります。

ここでプラグ買うのを忘れていたことに気付く。清掃して再使用。

冷却水交換

こちらも特に難しいことはない。ラジエータキャップを外して、エンジン左下前のドレンボルト(締め付け規定トルク10N)を外せば抜ける。リザーバータンク内は注射器で抜いた。

百均で買ったバケツがちょうどスッポリ入って便利だった。

2011043013290000

長いこと交換していなかったのでホース突っ込んでジャバジャバと清掃したかったのだが、マンション住まいなため蛇口を使うことが出来ない。仕方ないのでコンプレッサー+ブローガンにラバーノズル挿して、ラジエーター口に押し当てて吹き強制排出。意外と残っててびっくり。

[1]エア圧はかなり落としてやらないと飛び散って悲惨なことに
[2]ドレン部分に当て板するなどして流れを下に向けないと(略
[3]水を溜めるバケツの中に雑巾等を敷かないと溜まった水がエアで飛び散(略

これの一番大きいノズルがラジエータの口にちょうど良い。
■ (STRAIGHT/ストレート) ラバーノズルセット 15-743
Amazon在庫なし

(欲しい物リストに追加)
(STRAIGHT/ストレート) ラバーノズルセット 15-743

 

混合比30%で-13度まで対応というクーラントを混合比15%で使用。次回は秋の終わり頃に交換しようそうしよう。

 

水は別に水道水でぜんぜんOKなんだけど今回は精製水を使用。未開封のまま半年放置されたバッテリー補充液が邪魔だったという理由。
■ 古河薬品工業(KYK) バッテリー補充液 2L
Amazon価格:286円 在庫あり。

(欲しい物リストに追加)
古河薬品工業(KYK) バッテリー補充液 2L

 

入れるときは、冷却水をリザーバタンク規定ライン&ラジエータ口ちょい下(このあと水揺らすのでこぼれない程度)まで投入 → 数本あるラジエータホースをニギニギしたりコンコンしたりして空気動かすとコポコポ言って水が減るのでまた入れる(同じくこぼれない程度) → ラジエータキャップ開けたままでエンジン始動 → 軽く吹かして振動させたりポンプ回したりして空気抜く → サーモスタット動いて水がグルグル循環して完全に空気抜けたなと思ったらラジエータ口いっぱいまで入れてキャップ閉めて → リザーバーの量確認してだいじょぶなら終わり。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  4 コメント

  1. お疲れちゃん。昨日筑波でお友達に会ったよ!
    赤羽君もたまにゃ走りにおいでよ!

  2. > 掃除屋さん
    ちわっす!昨日行きたかったッスよ~
    来月くらいからちょっとは落ち着きそうなので期待してます 😀
    またよろしくおねがいしやす!

  3. そういえばウチの子はプラグ換えてないですなぁ・・・
    というか、見たこともないなぁ…(汗)
    ようやく13500kmを超えたところですが、ちょっとメンテ要ですね。
    水は必要にかられて、4000kmと7000kmで換えてます(笑)

  4. > ひでぢ。さん
    マメにメンテしてる印象でしたので意外でした(笑)
    水は、、、その、あのときのアレですよねw

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">