4月 222012
 

自分はステダンの付いたバイクを所有したことが無かったし、後付けで装着したことも無かった。

FZ1でステダンが必要なほどまで、フロントを振られる様な領域まで攻め込むつもりは無かったし、今後もないだろう。だからステダンなんて要らない。そう思ってた。

だけどSPADAでサーキット通いを始めて普通(?)に走れるようになった頃からだろうか、FZ1のほうでさほど攻めるつもりもなくマージンを取って運転しているのにも関わらず、ちょっとアクセル開けてやると不用意にフロントが浮くケースが出るようになってきた。

浮いてる間や真っ直ぐ着地のときは暴れない。でもバイクが斜めってて半端にFが接地している瞬間に起こるフロントがブルンブルン震える例のアレが怖い。そのあとブルブルが収まらなくて・・・・逆に段々と振れが酷くなって・・・・バルンバルンなって最後吹っ飛ぶアレ!ちょー怖い!

その例のアレを少しでも抑えられれば・・・と思ってのステダン導入。

買ったのはGRP V4スタビライザーという、ステムナットのとこに付けるヤツ。すぐ手が届くところなので、高速~下道に降りる瞬間とか、ツクバのコースイン~コースアウトの時なんかにチャチャッと最弱に戻せて便利そうだと思って。

  
型番: 5011-4050

 

 ってウソ!俺がそんな攻めれるわけないじゃん!単なる盆栽!(キッパリ

 

冗談でもなんでもなく、カッコイイから買った。

 

 取り付け

はい届いた。
おっ、真ん中のダイアルが金色じゃなくて黒になってる。
ベースパーツも黒になってるし。ラッキーこっちのほうがかっこいいじゃん。

 

 

(1) ステムナットとワッシャー外す。ここはメガネ入らないのでソケットで。使用したのは32mmのFLAG製ソケット。

  

 

(2) 写真のボルト2本を5mmのHEXで緩め、GPR本体とベースに分離。

 

 

(3) ベースパーツをトップブリッジに差し込む。クリアランスはキッチリなのでグリス塗ってコツコツ入れる。ステムのネジ山に当たりそうなので傷付けないように注意。

 

(4) さっき外した純正ステムナットでベースパーツを固定。GPRのマニュアルに「純正ワッシャーは使用しない」と買いてあるのでワッシャーは入れない。締付トルクは113N。

 

 

(5) タンクカバーボルトを外し、受け側パーツをボルトで固定・・・・あれ?ワッシャが干渉して入らない(このワッシャは取れない奴)。手持ちのM6(長さ25mm)のキャップボルトに交換してクリア。ちなみにココは工具が入る隙間があまりないので、ボールポイントかL字使ったほうがいい。

 

 

(6) ダンパー本体のシッポと受け側パーツの接触部にグリスを塗る。

[ 写真忘れた]

 

(7) ダンパー本体をベースパーツに入れる。斜めに入れたまま固定ボルトを締めたらシッポが曲がって壊れるので注意。ハンドルを切って調整しながら、スッと入るところを探せば簡単に入るので、横着しない。綺麗に入ったらボルトを手で軽ーく締めて仮留め。

 

(8) ダンパー本体とベースパーツを5mmHEXボルト(2で外したボルト2本の部分)で気持ち軽目に締め、完成。ここは締め過ぎちゃヤバイ。きつく締めちゃうと壊れてオイル漏れるんだぜ、と説明書にも書いてある。(タンクカバー側も締めすぎ注意。素材が薄く割れそうな気がする)

[写真撮り忘れ]

 

(9) ナビ・カメラ用のRAMマウントボールを干渉しない位置に調整。

 

(10) 純正ステムワッシャ、タンクカバーボルトをZIPロックに入れて名前を書いて押し入れに保管。

 

(11) きゃーカッコイー!!レーシー!!! (サーキット行かないけど

   

 

感想(街乗り試走)

停車時00: ハンドル切ってみる。全然違和感ない。効いてない。
( ※2012/05/11追記 前輪を浮かせてハンドル切ってみた。ダイアル0だと全く減衰効いてない状態だった)
停車時20: ハンドル切ってみ・・・・う、動かないw

走行中05: 峠・低中速サーキット用はココから前後2位なのかな?
走行中10: 高速サーキットかっ飛ばし用?
走行中20: む、無理!  誰がどこで使うんだ!筋トレ用か?

00~04くらいで使うことになりそう。
あと、見た目でごはん3杯イケる。

 

定期メンテンス

説明書に書いてあること

・週に一度くらいはハンドルを左右いっぱいまで10回ほど切って固着を防止
・接触部のグリスアップをお忘れなく
・たまには外して裏側とかまで漏れ確認してね

説明書に書いてないこと

・素材が柔かい感じでボルトの締め加減がわかりにくく、締めすぎて壊すのを恐れて気持ち軽めに締めた。ボルト頭と素材にペンで線引いてマーキングしておき、緩んだらすぐわかるようにしておいた。

 

欠点 (2012/05/11追記)

150kmほど高速乗ったりして試走。

ダイアルを7くらいまで上げると、受け側のパーツが耐えられずグラグラする。
最初ボルトが緩んでいるのかと思ったが、違った。
ボルト1本で止めようという構造自体に無理がある模様。

受け側パーツの固定ボルトを増し締めして対処しようとしたが、素材が弱いため歪んでしまう。
これは減衰7以下で使うしかないようだ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  2 コメント

  1. これってマジカッケ~っす
    うちのバイクにもつけたいっす。
    でも高そう・・・・

  2. > しゅう@OYAZIさん
    あざっす!本当にカッコ目的で買っただけに、そう言っていただけると嬉しいです。
    お値段は4万円ほどです・・・オーリンズやマトリスよりは安いと自分に言い聞かせてます(泣)

    あれっ、、、S4R用はオーリンズより高いですね。
    http://gigastation.jp/gpr-v4-std-bar-ducati-monster1100-696-09-10.html
    http://gigastation.jp/ohlins-monster-s4-s4r-01-06.html
    ていうかこの店オーリンズの値引きがすごい。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


*

:smile: :grin: :razz: :cool: :mrgreen: :wink: :lol: :roll: :oops: :???: :neutral: :sad: :cry: :cry2: :shock2: :shock: :mad: :twisted: :evil: :eek: :idea: :arrow: :!: :?: :stfu: :que: :info: :love: :ghost: :ghosteek: :coffee: :beer: more »