4月 162009
 

先日の2009年度FZ1全国ミーティングでride_on_fazerさんとお会いして実物を確認させていただき、その出来の良さに感激した例の逸品が届きました。

画像

シングルシート製作記でその過程が公開されています。優れたアイデアと、それを実現してしまう技術・根気がスゴイ。

私は勝手に 『匠のシングルシートカバー(お洒落な小物入れ付き)』 と呼ばせていただいてました(笑) いやでも冗談じゃなくてそれくらいスゴイんです。

実物を見て・装着してみるとマジで匠の仕事。

・まず本当に外観を損なわないまま収納まで付いてることに感動!
・そして思ったより荷物が入ることに感動!
・ていうか外観損なわないどころかアップしてるよオイ!って突っ込み入れつつ感動!

FZ1が劇的ビフォアーアフター。

相変わらず私の写真がヘタなのがアレゲですが写真で紹介。

これが今までのノーマル状態。純正ではこれが精一杯の積載でした。
画像 画像

私の場合、車載工具を筆箱に入れてパンパンに積んでいたのでシングルシートカバー内蔵の小物入れに干渉しました。これはサクっと移動。純正の平べったい車載工具入れに移せば干渉しないだろうと思います。
画像 画像

装着! ride_on_fazerさんが『FZ1のほうに個体差があるので少々フィッティングの必要があります』とおっしゃってましたが、幸いにも私の場合ポン付けでOKでした。ラッキー。
画像 画像

どの角度から見てもやはりピッタリです。
画像 画像

おまけ。(冗談のつもりだったんだけど角が当たらなければほんとに入りそうだった)
画像 画像

やばい、マジでスゴイです。
見た目とユーティリティ性の見事な両立です。

使ってみれば分かる、この優位性。
スクーターのメットインを思い出しました。

普通に純正キーで操作可能なのでまったく手間が掛かりません。さらに取り外しの便利さだけではなく、リアバッグやタンクバッグと違ってバイクから離れるときに荷物盗難の心配をしないで済む気楽さがプラスされます。

これまでは、荷物が少ないときにはメットに入る程度のミニミニタンクバックを使用して、降車時はメットに入れてメットごと持ち歩くか、カラナビでベルトに提げてましたが、もう必要なくなりますね。


MOTO FIZZ:タナックス/スクエアタンクバッグ
↑ MOTO FIZZ スクエアタンクバッグ
タンクに伏せても邪魔にならないサイズ

あ、でもこのシングルシートカバーとミニミニタンクバッグを併用すれば、そこそこ荷物のある日帰りツーリングでも大丈夫そう。地図・ケイタイ2台・充電機・電池・タオル・カッパ・純正車載工具の2倍程度の工具・・・ 😛 3時のおやつ!

さっそくペイントやってくれる業者さん探しまーす。

ride_on_fazerさんさん良い物をありがとうございました!
1000さんには今週土曜日に渡してきまっす!




★イエロー塗装完了しました (追記2009年5月21日)




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  4 コメント

  1. いやはや、大絶賛じゃないですか!?
    う~ん、かなりハンドメイドな製品なんですが・・。
    にしても、ご満足頂けたようで、嬉しく思います。
    作ってる最中の最後あたりは、精神的にも限界ギリギリでしたが、
    こうして評価して頂けると、作って良かったって思います。
    こうして宣伝して頂けるので、追加の注文も入ってますしね!

    • >ride_on_fazerさん
      はい!大絶賛です◎こりゃー大変な逸品です。キ組のわかさんも大満足みたいですしね。売れてよかったー!とりあえずは材料費分だけでも元が取れるといいですね。

  2. 今日はありがとやんす。

  3. >>1000さん
    こちらこそありがとでやんす!
    夢中で長話しちゃってすみませんでした。
    走りのほうでご一緒できるよう精進しまっす!

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">