9月 112008
 

ツーリングに備えて荷掛フックを装着した。
増設する場所でだいぶ悩んだが最終的に下記の場所に決定。

画像

後側。

POSHの汎用品をフェンダー裏に取付け。

画像

フェンダレスを止めているボルトの長さが足りなくなるため、長めの物に交換。

前側。

2輪館で買った汎用品。グラブバーに傷を付けないようにするための製品っぽい。これをタンデムステップのブラケットに巻き付け。

画像

ここに付ければカウルにフックが当たらないので傷を心配せずに済むし、上側方向にテンションが掛かるのでズレない。

※ もともとタンデムステップにヒールガード兼用でフック掛けるところがあるけど、フック利用時にタンデマーにとって邪魔なんす。

シートバッグにOXFORD社のタンクンテールを使用しているが、
前後共にコードをグラブバーの内側を通して止めるのにちょうど良い位置。
グラブバーの端っこでコードの移動が止まるのでズレなくて具合が良い。


OXFORD:オックスフォード/ファーストタイム タンクンテール
OXFORD:オックスフォード/ファーストタイム タンクンテール (アフィリンク)

タンクバッグ(マグネット式)にもシートバッグにもなる便利なバッグ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  2 コメント

  1. 裏側にフックを付けるなんて、なかなかアイデアですねw
    やっぱ「 SS車両 」 には、荷架けフックは少ないのかなー。俺のは古い車両なんで、傷付こうがどうなろうが、お構いなしで、掛け捲り、、、かも 😆

  2. あざーっす。こういう工夫するのが好きな俺ですw。最近のマシンはシートがスラッとしてるのが多いんで積載スペース的には難しいですねー。グラブバー等もしっかりしてるニンジャが羨ましいですー。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">