9月 082008
 

TOKYO-hatoFM Bonsai Station~♪
本日のお便りは、東京都にお住まいの「赤羽」さんからのご相談です。

「先日、憧れだったマシンを買ったんですよ。逆輸入のYAMAHA車。そしたらですね、なんと一文字ハンドルなんです。しまいには雑誌の試乗記事では “外人は手足長いからこれでいいんだよこのチビ!” と言わんばかりの説明だし(※悪意のある意訳です)。悔しくて夜も眠れず仕事が手に付かない状態です。盆栽先生、私はどうしたら良いのでしょうか」

A:冗談はさておき、FZ1のハンドルポストは日本では不評のようですね。私も不満があります。

バーが一文字に近い形状なので手首が疲れますね。もう少し垂れ角があるほうがツーリングにしろスポーツするにしろ乗りやすいように思います。(低身長の私は特に)

ですがFZ1はあの特殊な形状のポストとバーに合わせて設計されているため、単にあの一文字ハンドルを少し絞り角のある市販の一文字ハンドルに替えてもタンクに干渉してしまいます。

また、ノーマルハンドルを手前にクルッと回してみても、もう少しのところでタンクに干渉してしまう上に手前に寄りすぎた感じになってしまいます。

ではポストをもう少し下げ、ポストを下げたぶんの高さと少し垂れ角のある汎用バーに替えればどうでしょうか。これなら高さはさほど変えずに(前後荷重の変動ほぼ無し)垂れ角を増やせます。

ということで市販品・流用品の情報を漁ってみました。あったのは4件の情報。

・GSFのポスト =純正品のわりに意外に高い。
・Kファクのポストのみ = 良さそう。でも高いかな。
・RIZOMAのポスト = ハンドルが専用テーパーでないといけない。
・Y’Sギアのテーパーキット = ハンドルが専用テーパーでないといけない。
・DIYで純正加工する = 設備が無い。

うーん、どれもなんかしっくりこなかったり難しかったりラジバンダリ。結局、「これならいっそ貯金してKファクのトップブリッジ丸ごと買った方がいいかなー。ていうかそのうちナイスプライスなトップブリッジでおなじみのNプロジェクトさんから発売されちゃったりしたらラッキーなんだけどなー」と、とりあえず先延ばしにしてウダウダしてました。

そうこうしてるうちに月日は流れ、先日。

何気なくgoogleで「FZ1 ハンドルポスト」と検索してみると、『ハンドルポストキット TaGu:田口製作所 FZ1 通販』という、以前までの検索結果では見かけなかった文字が目に入りました。

はい速攻クリック!

なんと、3cmダウン/ノーマル高の2つの設定が可能なポストが18,000円です。

TaGu:田口製作所/ハンドルポストキット FZ1 (アフィリンク)

画像画像
カラー外せば3cmダウン/カラーも組めば純正ポジション という、なんとも気の利いた設計。超ナイスです!

うひょー、これなら長距離ツーに行くときなんかは気軽にノーマル高に戻せますね。
値段はKファクと同じですが、ノーマルに戻せるカラーが付属しているぶんお得です。
写真入りの詳細な取付けマニュアルも公開されていて安心。

つうことで即注文しました。イヤッホォーーーーゥ!!!!!!


2008/10/31 追記
メーカーサイトにてクランプ幅についての注意が追記されています
事前に取付けたいハンドルバーのクランプ部の有効取付幅を確認しましょう。

2008/11/02 追記
ポストをアントライオンのGSF1200/Bandit1200用に変更しました。

http://uzee.net/motorcycle/fz1_fazer/fz1_custom/2008/11/02/antliopost-gsf1200-1.htm

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">