11月 092012
 

 

Windows7 64bit 機 + WN-AG300U の環境でお仕事用の某ソフトウェアを使用するために、

販社のドライバでなくチップメーカのドライバが必要だったので、というメモ。

 

ドライバのダウンロード

チップメーカーであるRalink社のサイトへ

http://www.ralinktech.com/

 

Support -> Download -> Windows と進み

http://www.ralinktech.com/en/04_support/support.php?sn=500

 

USB(RT2870/RT2770/RT307X/RT2070/RT357X/RT3370/RT8070/RT5X7X) を落とす

http://www.ralinktech.com/en/04_support/license.php?sn=5007#

メアドと名前の入力が必要。

 

 

ドライバのインストール

”ドライバのみ”でインストールする

 

某ソフトウェアのインストール

インストーラーが64bitに対応していないため、インストーラをWinRARなどで解凍する。

解凍したものを適当な場所に置いてexeを実行する。

実行後にドングルを求められるので挿す。

シリアルを求められるので、発行されたものを入力する。

 

某ソフトウェアの設定

そのまま実行すると動作が重い。とても重い。

計測中マウスポインターがカクカクと駒落ちのようになり、停止操作がやり辛くて仕方ない。

色々試したところ、互換性で「VistaSP3」&「管理者として実行」にしたら直った。

 

 

・・・腰痛は治らない。まず病院に行く時間を作らないことにはどうしようもない。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...