10月 152012
 

 

LinkWithin の導入

Libre Free Gratis! さんを見ていて、記事最後に差し込まれている関連記事一覧がスマートな感じで印象が良かった。

なんていうプラグインなんだろう?自作かな?とソースを見たら LinkWithin というプラグインを使っているらしいことがわかった。

ググってみるとなかなか評判も良いようだったので、早速 YARPP から LinkWithin へ変更した。

 

LinkWithinの見出し文言を英語->日本語へ

LinkWithin」をWordPressに入れて見出しの文字を変える方法

 

スマートフォンからの閲覧時にLinkWithinの一覧がハミ出る件

LinkWithinのスマートフォンビュー(WPtouch)がはみ出るので直してみました!

LinkWithinがWPtouchで見るとはみ出るその後☆scroll&タイトル☆

 

上記3記事のお陰でHeadCleaner と Stuffusion のこと以外悩むことなく設置できました。

ありがとうございました。Androidでも一覧を横にスクロール出来るー♪

 

HeadCleaner のLinkwithin用設定

最初 『サイトにログインした状態でないと LinkWithin生成の記事一覧が表示されない』 という現象が出て悩まされた。

が、こういうときは大抵 HeadCleaner とぶつかっているという経験則。

HeadCleaner 設定のチェックをひとつずつ外して確認していき、”パラノイアモード” を無効にすると動くことがわかった。

 

Auto Post Thumbnail の導入

LinkWithin が生成する記事一覧で使用されるサムネイル画像は、記事でアイキャッチ画像として設定した画像だ。

しかし当Blogでは今までアイキャッチ画像の設定は行なってこなかった。

そのため、過去記事のすべてにアイキャッチ画像を設定しなければならなくなった。

これを自動で行ってくれる Auto Post Thumbnail  というプラグインを使用させてもらった。

設定 -> Auto Post Thumbnail -> Generate Thumbnails で、記事中で使用されている1つめの画像をアイキャッチ画像として設定してくれる。

 

Auto Post Thumbnail 用の テーマStuffusion設定

Auto Post Thumbnail を使うと、記事先頭に画像を置いていた場合に2重に画像が表示されてしまった。

使用しているテーマ”Stuffusion”の設定の問題だった。

Suffusion の設定で、 [Suffusion] -> [Option] -> [layouts] -> [Layout: Excerpt / List / Tile / Mosaic / Full]

[Thumbnail settings] 欄にある Show featured images for full content を Don't show any image にすると直った。

 

Andoroid携帯で hosts を弄っている場合

自分の場合、生成されたはずの記事一覧が”?”になっていて表示できなかった。

うーん、、、Flash player はICSで使えるものを入れていて、他サイトのFlash再生ができている。

ということは hosts かな? adaway で置換しているので怪しいのはソコ。

/system/etc/hosts をjotaで開き、linkewtihin で検索すると案の定ヒット。

adaway の リスト -> ホワイト -> + で  *linkwithin* を追加し、再び 適用 -> リブート で解決。
(ソースからDLした文字列よりhostsファイルを生成する時に、「linkwithin」が含まれる行を除外する意味の設定)

使用しているhostsソース

・hosts-file.net/ad_servers.asp
・sites.google.com/site/logdroid/files/hosts.txt

おー、出たー ちゃんと横にスクロールして5件ぶん見れるー

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">