5月 262007
 

2007052611521100-070515_1709~01-small.jpg

以前サルベージしたMacのひとからの紹介で、またMac(G4PB/OS10.4/MacOS拡張ジャーナリング)のサルベージを頼まれた。

ネットに情報は溢れているが、その信頼性を測ることが出来ない人は多くて。

WEB検索してもどのサルベージ屋(データ復旧屋)も胡散臭かったり、問い合わせたらバイトのオペレーターに軽い論理障害で30万円(!)と吹っ掛けられたり。

オーナーさんはどこに頼んだらいいのやらわからなくなって途方に暮れていたところに知人に僕を紹介されたそうです。結局そゆときクチコミてアリなんすよね。

で、このディスク、テックツールとかノートンでギタギタにされてました。皆さんデータの救出するときはテックツールとノートンには回さないでくださいね。ダメ、絶対(公共広告機構)。

あの手のツールはディスクやOSを動くようにすることが優先であり、そのために必要であればデータは捨てられ、結果データは抽出できなくなることが多いです。

ディスクやOSが正常に動くようになればデータも読み取れるようになる、と考えてノートンやテックツール回す人が多いのですが、逆です。動くようになったとしても、そのときにはいくつかのデータは廃棄/変更されて取り戻せなくなっています。それが必要なデータだったりしたら目も当てられない事態に…。

ディスクやOSの修復は、データ復旧後に行う。これが正しい順番です。まずはデータを吸い出しましょう。

やり方がわからなければ電源落として一切触らずサルベージ屋さんに依頼しましょう。探せば論理障害7~15万円程度のまともな業者さんが見付かります。

っ 『PPC広告出していないところ』『電話掛けたら技術者が出るところ』『保守業務もやってるところ』

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">