1月 312012
 

http://www.linuxmint.com

Linux Mint “Debian” – 201109 Xfce 32-bit

mini9に入れた。

サクサク。
とにかくサクサク。



Ubuntu 11.04
Ubuntu 11.10
LinuxMint 12 (Ubuntu)
LinuxMint 12 (Xfce)
ChromiumOS(Dell版)

と、これまで使ってきた。
その順番で重かった。

ChromiumOSまでもが重かったので、これはバッファローのプチフリSSDのせいだ!と一度は放り投げた。でも最後にLinux Mint Debian Editon XFCE 入れてみよっかな、それでダメなら諦めようと思って入れてみたら・・・・めっちゃサクサク!!!

LMDE-XFCE スゲえ。マジ軽い。しかも不便さも難しさもない。mini9が生き返った。

Ubuntu から ImageWriter でイメージを書き込む場合、イメージの拡張子がISOのままだと「アンマウント(ry」表示のまま固まって先に進まなくなる。拡張子をimgにすればOK。

インストール時にパーティション切る必要あり。
今回はSWAPに2GB割当て、あとは全部ext4でrootに割当て。
(ほんとは分割したほうがいいんだろうけど面倒だったんで)

インストールが終わったらアップデート。
システム -> アップデートマネージャでアップデート。
400以上のパケージがアップデートされるのでかなり時間がかかる。

リブートして、日本語入力ができるようにする。
システム ->ソフトウェアの管理 (mintinstall)でmozcを選択・インストール。
Setteings -> ibusの設定 で インプッドメソッドにmozcを追加。

日本語フォントのインストール
システム ->ソフトウェアの管理 (mintinstall)で好みのフォントをインストール
今回はTakao (ttf-takao-****) を入れたおいた。

入れたフォントをシステムで使うように設定
どちらかのフォントを設定する
Settings -> 外観 -> Takao P ゴシック (10) を選択
(※その他アプリ等もTakaoPゴシックを使いたいものは適宜設定)




 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA


*

:smile: :grin: :razz: :cool: :mrgreen: :wink: :lol: :roll: :oops: :???: :neutral: :sad: :cry: :cry2: :shock2: :shock: :mad: :twisted: :evil: :eek: :idea: :arrow: :!: :?: :stfu: :que: :info: :love: :ghost: :ghosteek: :coffee: :beer: more »