2月 142008
 

メインマシンがお亡くなりになったので自作。

MB: ASUS P5K-E
CPU: PentiumDC E2160 1.8GHz(200*9)
M0コアのシンクが薄いほうのリテールFAN
CoreTempで見たVID:1.2500v
MEM: DDR2-800 1GBx2 (Samsunチップ)
VGA: GF7200GS

で組んでみた。なにやらPenDCがかなり回るしお得だと聞いてムラムラしたんでE2160購入。
北森P4以来のOCでBIOSに知らない項目がチラホラあって新鮮でしたがアッサリ3GHz駆動OKでした。

AI Overclock Tuner を Manual にして、

・FSB = 333
・PCIE = 100固定
・VCore = 1.3500V固定
・CPU Spread Spectrum = Disable
・PCIE Spread Spectrum = Disable

設定変えたとこはこれくらい。

これでORTHOS24時間パス。
CoreTemp0.96.1読みで

・室温20度:アイドル 30度前後、ORTHOS時 最高58度

ちなみにXPインスコ時に、内蔵FDD無しでUSB-FDD繋いでる環境だと、F6押してもFD読みにいってくれず、XPインストーラから「ディスクが無い」って言われるが、これはBIOSで内蔵FDD切ればFDD切れば読みにいくようになる。

・起動時にDELキー → BIOSのMainの上から3番目の「LegacyDisketteA」をDisable

でおk。

いやー、しっかし速いわー・・・。
Ubuntu7.10のライブCD起動が、i845なマシンにHDDインスコしたやつと同じレベルでサクサク。
ゲームしない俺にはオーバースペックなんで、FSB266*9=2.4GHzか300*9=2.7GHzあたりにして電圧1.2以下まで下がるようならそっちで運用しようかなと。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  2 コメント

  1. <追試験>
    3GHz駆動時1.325V設定(BIOS)でもOKでした。
    温度下がってウマー。

  2. その後300*6〜9=1800〜2700MHzで1.2000V常用に決定。
    このへんまでだとかなり温度が低いしゲームもエンコもしないので。
    それでも1.5倍のクロックてすごいな。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">