3月 312009
 

 

先日に当BLOGのメールフォームから、マウスコンピュータ4540STでのCD-Rを使ったMSI本家BIOSへの更新方法についてご質問いただきました。いい機会なのでエントリで説明しようと思ったのですが、肝心の手順をすっかり忘れてしまいました。ごめんなさい 😥

画像

それでは申し訳ないので、かわりにフロッピーディスクドライブが無くても出来る方法を見つけてきました。CD-R不要でWindows上でBIOS更新する方法になります。

※ MSI本家のBIOSに更新すると完全にMSI P965-Neo-F(MS7235)化されます。OSがWindowsXPとVistaの場合はライセンスの再認証が必要になり、認証が終わるまでログイン出来ずWindowsが使用出来ませんのでご注意下さい。(ライセンス認証ウィザードに従ってPC上で手続きを行うか、MSに電話して認証して下さい。)

※ BIOSの更新に失敗すると、マザーボードが死にます。私の説明が間違っていたせいでマザーボードがお亡くなりになっても、私は責任を取れません。十分にご注意ください。

 

MSIグローバルサイトのBIOSダウンロードコーナーから最新のBIOSファイルをダウンロードして解凍。(国内にはVer1Aしかないのでグローバルサイトから落としました。)

 

おなじくMSIのユーティリティコーナーからLiveUpdate3をダウンロードしてPCにインストール。

 

常駐アプリを全て終了します。特にアンチウィルス系は必ず終了。

 

WinFlash.exe(BIOS更新プログラムの本体)を直接実行します。

C:\Program Files\MSI\Live Update 3\FlashUty\Award\WinFlash.exe

 

上記のパスです。これをダブルクリックして実行します。起動したらフォルダを開くような形のアイコンをクリックし、先ほどグローバルサイトからダウンロード&解凍しておいた最新BIOSファイルを指定します。

 

読み込んでいる間しばらく待ちます。

 

読み込みが終わったら画像のようにチェックボックスにチェックを入れ、Update BIOS Now!ボタン→Updateボタンでアップデートが始まります。

画像

 

更新が終わったらマシンを再起動します。

BIOSの設定が変わっているので、このときにDELキーを押してBIOSセットアップ画面に入り、設定を合わせます。

・メモリ電圧が1.9Vになっているので1.85Vに戻します(たしかマウスコンピューター純正BIOSの場合は1.85Vだったかと)。メモリのSPD情報を見る限りでは本当は1.8Vみたいなんですが、設定できる最低電圧が1.85Vなので仕方ありません。

・フロッピーディスクドライブを増設していないなら、フロッピーの項目をオフ(Disable)にします。

 

※他にも以前に変更していた項目があれば、合わせます。私の場合は下記の2点も変更していました。

・CPU Smart FAN Functionの項目でEnableに (CPUファンの回転数の温度による自動制御です)

・ブートの優先順位を適切に設定

・HDD S.M.A.R.T Function を オン(Enalbe) に

 

BIOS設定をセーブして抜けて、OSを起動します。ここでWindowsXPとVistaの場合はライセンスの再認証が必要になると思います。私の場合は本体上に貼ってあるプロダクトキーの入力で通りました。これでダメだったらマイクロソフトに電話してオペレータさんに言えば普通なんとかしてもらえます。(なんとかしてもらえなくても私は責任は持てません・・・。「BIOS更新した”だけ”なんだけどライセンスが・・・」等、うまいこと言ってください 😀 )

 

LiveUpdate3はWindows起動時に自動起動します。非常にうざいです。設定で自動起動を無効にするか、アンインストールしてしまいましょう。私はアンインストールしました。

 

これでDVDドライブのPIO病も直り、BIOS上でPentiumDC-E2180の周波数も正常に表示されるようになっているはずです :razz: お疲れ様でした。

画像

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

  4 コメント

  1. 先日ご質問させてもらった中川と申します。
    とってもご丁寧で迅速なご返信Mailを頂きとても感謝致しております
    ブログでのご説明内容も分かりやすく、これなら私にでも実践出来ると喜んでおります^^
    早速次の休日を利用してBIOSの更新作業を行おうと思います。
    ☆管理人様に心よりお礼申し上げます☆

  2. >>中川さん
    どもども!こちらこそ勉強になりました。私が質問者になる場合はああいうふうに「何がどういう状態で、何をどうしたいのか」をはっきりさせ、わかりやすく丁寧な文章で書きたいと思います。BIOS更新、成功を祈ります。

  3. 管理人様

    以前(2009年)こちらのブログ記事(BIOS更新手順)についてご質問させて頂いた中川と申します。その節は大変お世話になりました。
    先程メール整理をしていた所、その際にご返信頂いたサポートメールに偶然目がとまり、懐かしく記事にアクセスし読み返してみると、結果のご報告とお礼の言葉を最後までお伝えしきれていなかった事に気がつき、あれから約4年もの歳月が経過してしまいましたが、あの時のご親切に対する心に残る感謝の気持ちを今あらためてお伝えしたく思います。

    明快な箇条書きで分かりやすくサポートして頂いたお陰で、JMicron/PIO病をきっかけに、それまで1ヶ月近くも調べ続けていた「フロッピーがない同環境PCでのBIOS更新作業」は何のトラブルもなく無事に成功する事が出来ました。

    (このブログに出逢う前にBIOSのFlashアップデートで一度失敗経験があった為に、私にとって本当にありがたいサポートでした)

    何よりも、管理人様からご返信頂いたメールの
    ナチュラルで心地良い文面中に溢れるご親切な心遣いと、
    さりげない優しさがとても温かく嬉しかったですo(^ヮ^)o
    その節は本当にありがとうございました。ご縁に感謝します。
    m(_ _)m from.nakagawa

    • 中川さん

      お久しぶりです。赤羽です。BIOS更新、無事成功なさったとのことで安心しました。丁寧なお礼の文章に何だか心洗われた気分です。ブログやってて良かったです。と同時に、僕は技術だけの人で終わらないよう、中川さんみたく心が伝わる文章が書けるようにならなければと思いました。こちらこそ、良い経験を有難うございました。

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">